【化粧品:アクアオール#1】ヘアケア向けの効果(しっとり・うねらない)

研究・テーマ
製品種類 糖アルコール
用 途 シャンプー、コンディショナー、トリートメント
特 徴 テクスチャー調整、うねらない
製 品 アクアオール#1

毛髪に対する研究の背景

女性の約6割が髪の悩みを抱えているといわれており、悩みの種類として最も多いのが「パサつき」、次いで「うねり」が挙げられます。

この「うねり」は、遺伝的な髪質や湿気や紫外線、ヘアカラーなどのダメージ、また加齢による髪質の変化によって生じることがわかっています。また、「うねり」のある髪は扱いにくく、見た目年齢をも高くしてしまうといった問題が起こります。

髪がうねる原因の一つとして、キューティクル損傷による水分保持力の低下が挙げられます。

傷んだ髪はキューティクルの状態が悪く、水分量のコントロールが上手く働いていないために、雨の日の湿気、冬場の乾燥など、環境の影響を受けやすくなっています。

 

試験データ

ヘアケア試験結果①

【試験方法】

1.30cmのインド人うねり毛束を予洗いし、25℃、45%RH下で24時間自然乾燥・保管した。

2.毛髪1束に対して、固形分3%の糖液100mLに10分間浸漬した。

3.洗い流さずにクシを10回通し、高湿度下(25℃、90%RH)で保管し、6時間後の毛束の状態を観察、毛束の長さを測定した。

4.うねり抑制効果は、施術直後の毛束長に対する保管6時間後の毛束長の比率にて評価した。

【図1】毛束の長さ比較

【図2】毛束の状況

【結果】

水で施術した毛束は施術直後に比べ、保管6時間後の毛束はうねり、毛束長が短くなっているのに対して、アクアオール#1で施術した毛束は保管6時間後でも毛束の長さが保持されており、高湿度下でのうねり抑制効果を示します。(※特願2021-99848)

 

ヘアケア試験結果②

【試験方法】

ブリーチ処理した人毛を20%アクアオール #1溶液に10分間浸漬し、洗浄後ドライヤーで5分間乾燥させ、人毛を走査電子顕微鏡(SEM)にて観察した。

【図3】毛髪の電子顕微鏡(SEM)写真

【結果】

アクアオール#1処理検体は毛髪の外層膜であるキューティクルの損傷が確認されなかった為、毛髪中の水分を逃がさず、毛髪のうるおいを保つ効果が期待できると考えます。下記ヘアケア試験結果③も併せてご参照ください。

 

 

 

ヘアケア試験結果③

【試験方法】

ブリーチ処理したダメージ毛を20%濃度のアクアオール #1溶液に24時間以上浸し、流水洗浄、乾燥後、25℃、82%RH条件下で24時間保管した。その毛髪を300mg用い、65℃、40分加熱し重量を測定した(重量A)。その後、180℃、30分加熱し重量を測定した(重量B)。

以下の式より二次蒸散水含有率(%)を求めた。

【図4】二次蒸散水含有率の比較

【結果】このようにアクアオール#1をヘアケア商品に配合することで、「うねり抑制効果」と「毛髪内部までしっかりと水分を保持させる効果」が期待できます。

 

こんな用途に使えます!

各種ヘアケア用品

アクアオール#1を各種ヘアケア製品に配合いただくことで、しっとり感があり、ごわつきのなく、指通り滑らかな毛髪に仕上がります。

シャンプー、コンディショナー、トリートメントなど

【表1】アウトバストリートメント処方

【図5】社内モニター試験結果

 

【評価方法】

アクアオール#1を固形分濃度7%配合したアウトバストリートメントを調製し、30cm人工毛に0.5g塗布後、ドライヤーで乾燥させた。その毛束の手触りを6項目について評価した。

使用している製品

アクアオール#1

特許出願中

※特願2021-99848

アクアオールに関する他の研究データ

保湿性+テクスチャーを求めるスキンケア商品に!

水溶性+耐水性+接着力 を求める商品に!

特徴ある膜感を求める、リーブオン商品に!

製品概要はこちら

※本記事は、化粧品業界の関係者ならびにその関連業務に携わる方を対象に、適正にご利用いただくための情報提供を目的としたものであり、一般消費者の方に対する情報提供を目的としたものではありません。

※製品化の際には、薬機法等の関連法規を遵守ください。

※実験データは測定値の代表例であり、最終製品での効果や安全性を保証するものではありません。