外部発表ライブラリー

  • 2019年

    • 学会発表

      ミツバチの腸内環境を改善する新しいオリゴ糖“ケストース”の健康増進効果

      栃尾巧1),篠原実可子1),坂本彩2),薮田浩史2)
      1)物産フードサイエンス株式会社,2)アピ株式会社

      ミツバチサミット2019

    • 学会発表

      新規甘味料の開発を目的とした糖アルコール複合顆粒の調製(ポスター発表)

      時任沙知1), 安永峻也1), 小川法子1), 山本浩充1), 木村雄輝2), 栃尾巧2), 北川泰2)
      1)愛知学院大学薬学部, 2)物産フードサイエンス株式会社

      製剤機械技術学会 第29回大会

    • 学会発表

      セルラーゼの製餡利用の可能性

      久下貴紀, 平野勝紹, 栃尾巧

      日本調理科学会 2019年度大会

    • 学会発表

      ケストースの犬の免疫機構に対する影響

      篠原実可子1), 朝見恭裕2), 東玲利2), 大石亮2), 栃尾巧1), 鳥濱香3), 田中敦3), 熊谷安希子3), 増田健一3)
      1)物産フードサイエンス株式会社, 2)ペットライン株式会社 ,3)動物アレルギー検査株式会社

      日本ペット栄養学会 第21回定例大会

    • 学会発表

      1-ケストースを含むIn vitro糞便培養による糞便微生物叢への影響

      平野勝紹1), 小瀬理市2), 前野慎太郎2), 栃尾巧1), 遠藤明仁2)
      1)物産フードサイエンス株式会社, 2)東京農業大学大学院

      日本乳酸菌学会 2019年度大会

    • 学会発表

      ケストースの多様な生理機能の解明と市場展開に向けた取り組み

      栃尾巧

      第59回澱粉研究懇親会

    • 学会発表

      ケストースの多様な生理機能と実用化

      栃尾巧1), 門田吉弘1), 北浦靖之2), 遠藤明仁3)
      1)物産フードサイエンス株式会社,2)名古屋大学大学院, 3)東京農業大学

      第73回日本栄養・食糧学会大会(受賞講演)

    • 学会発表

      1-ケストースのインスリン抵抗性改善効果におけるメカニズムの解明

      門田吉弘

      プロバイオティクスシンポジウム'19

    • 学会発表

      和菓子への新たな価値の提案~糖という酵素という選択~

      久下貴紀, 栃尾巧

      第61回豆類加工研究会

  • 2018年

    • 学会発表

      難消化性糖類の摂取がマウス結腸粘膜セロトニン含量に及ぼす影響

      立岡三沙1), 門田吉弘2), 栃尾巧2), 名倉泰三3), 園山 慶1)
      1)北海道大学大学院, 2)物産フードサイエンス株式会社, 3)日本甜菜製糖株式会社

      日本食物繊維学会 第23回学術大会

    • 学会発表

      自然発症糖尿病モデルラットの糖代謝に及ぼす1-ケストース摂取の影響

      渡辺彩子1), 神尾里奈1), 門田吉弘2), 栃尾巧2), 遠藤明仁3), 北浦靖之1), 下村吉治1)
      1)名古屋大学, 2)物産フードサイエンス株式会社, 3)東京農業大学

      日本食物繊維学会 第23回学術大会

    • 学会発表

      ケストース摂取によるマウス腸管分泌IgAの抗原結合多様性の増大

      平野可奈1,2), 窪田愼1), 西尾俊亮1), 門田吉弘3), 栃尾巧3), 宮田真路1), 大島健司1), 灘野大太1), 松田幹1)
      1)名古屋大学大学院, 2)金城学院大学, 3)物産フードサイエンス株式会社

      日本食物繊維学会 第23回学術大会

    • 学会発表

      1-ケストースによるマウス結腸粘膜セロトニンの減少におけるbifidobacteriaの寄与

      立岡三沙1), 門田吉弘2), 栃尾巧2), 園山慶1)
      1)北海道大学大学院, 2)物産フードサイエンス株式会社

      日本食品免疫学会 第14回学術大会

    • 学会発表

      小児アトピー性皮膚炎を対象とした1-ケストースのモニター試験

      門田吉弘1), 栃尾巧1), 古賀泰裕2), 柴田瑠美子3)
      1) 物産フードサイエンス株式会社, 2)東海大学, 3)国立病院機構福岡病院

      日本小児アレルギー学会 第55回学術大会

    • 学会発表

      口腔内崩壊錠用 エリスリトール直打顆粒の設計

      山本浩充1), 岡島絵里1), 桃原周杜1), 長谷川宰1), 影山陽香1), 恩田了綺1), 安永峻也1), 小川法子1), 木村雄輝2), 高橋真裕子2), 栃尾巧2), 中村圭伸2)
      1)愛知学院大学, 2)物産フードサイエンス株式会社

      第35回 製剤と粒子設計シンポジウム

    • 学会発表

      フラクトオリゴ糖代謝がビフィズス菌の生育および腸管常在性に与える影響

      岸沙代子1), 小瀬理市1), 平野勝紹2), 栃尾巧2), 遠藤明仁1)
      1)東京農業大学, 2)物産フードサイエンス株式会社

      日本乳酸菌学会 2018年度大会

    • 学会発表

      糖アルコールを使用した固定砥粒方式マルチワイヤソーが切断 特性に与える影響

      後藤大道1), 諏訪部仁2), 石川憲一2), 中村圭伸3), 栃尾巧3), 高橋真裕子3)
      1)金沢工業大学大学院, 2)金沢工業大学, 3)物産フードサイエンス株式会社

      日本設計工学会北陸支部 平成30年度研究発表講演会

    • 学会発表

      The effects of 1-kestose on intestinal microbiota in dog

      Mikako Shinohara*1), Kaori Ide*2), Takumi Tochio*1), Akihito Endo*3), Koji Nishifuji*2)
      *1)B Food Science Co., Ltd., *2)Tokyo University of Agriculture and Technology, *3)Tokyo University of Agriculture

      International Scientific Association for Probiotics and Prebiotics 2018

    • 学会発表

      Effects of 1-Kestose Feeding on Cecal Microbiota which Produces Lactate and Short-chain Fatty Acids and on Blood Components in Rats

      Takumi Tochio*1), Yoshiharu Shimomura*2), Yasuyuki Kitaura*2), Akihito Endo*3)
      *1)B Food Science Co., Ltd., *2)Nagoya University, *3)Tokyo University of Agriculture

      International Scientific Association for Probiotics and Prebiotics 2018

    • 学会発表

      1-ケストースの摂取はマウス⼤腸粘膜固有層単核球のmiRNAプロファイルを変化させる

      逢坂文那1), 門田吉弘2), 栃尾巧2), 園山慶1)
      1)北海道大学大学院, 2)物産フードサイエンス株式会社

      第72回日本栄養・食糧学会大会

    • 学会発表

      ラットの高脂肪食誘発インスリン抵抗性に対する1-ケストース摂取の影響

      神尾里奈1), 高橋基毅1), 門田吉弘2), 篠原実可子2), 栃尾巧2), 遠藤明仁3), 北浦靖之1), 下村吉治1)
      1)名古屋大学大学院, 2)物産フードサイエンス株式会社, 3)東京農業大学

      第72回日本栄養・食糧学会大会

    • 学会発表

      1-ケストースを摂取させたマウス結腸におけるセロトニン含量とBifidobacteriaとの関係

      立岡三沙1), Teranart Udomsopagit 1), 逢坂文那1), 門田吉弘2), 栃尾巧2), 園山慶1) 
      1)北海道大学大学院, 2)物産フードサイエンス株式会社

      第72回日本栄養・食糧学会大会

    • 学会発表

      プレバイオティクスの将来展望〜ケストースの多彩な機能紹介

      栃尾巧

      プロバイオティクスシンポジウム'18

    • 学会発表

      Aspergillus kawachii由来β-フルクトフラノシダーゼの改変による1-ケストース生産能向上と 改変酵素の構造解析

      長屋美香1), 平野勝紹2), 藤井匡2), 栃尾巧2), 西河淳1), 殿塚隆史1)
      1)東京農工大学大学院, 2)物産フードサイエンス株式会社

      日本農芸化学会 2018年度大会