新製品 化粧品グレード「アクアオール」

研究・テーマ
製品種類 糖アルコール
用 途 リーヴオン化粧品、ヘアケア用品、化粧水、乳液、シャンプー、コンディショナー、トリートメント
特 徴 使用感向上
製 品 アクアオール #1、アクアオール #2

の誕生

従来、化粧品分野における糖アルコールはこれまで保湿剤としての効果が広く知られておりました。

弊社は、当社製品「加水分解水添デンプン」の化粧品用途としての可能性を追求した所、テクスチャー改良効果が見出され、

保湿+アルファの効果に着目いたしました。

水溶性原料であることから「アクア」、多価アルコール(ポリオール)の一種であることから「オール」を組み合わせて、

「アクアオール」と命名し、この度化粧品グレードとして同シリーズを販売することとなりました。

加水分解水添デンプンとは、トウモロコシなどから得られたデンプンを加水分解し、さらに水素添加することによって得られる

糖アルコールの一種であり、単糖の糖アルコール及び多糖の糖アルコール混合物の総称です。

加水分解水添デンプンには、以下の様な特長があります。

●テクスチャー改善効果(べたつき低減、さっぱり感向上、重厚感付与)
●接着性
●毛髪のしっとり感等
●高い安定性

●保湿性

※アクアオールはグレード毎に特長が違い、推奨化粧品アイテムも異なる為、下記の詳細説明も併せてご覧ください。

各グレード

アクアオール #1/ヘアケア向け

ヘアケア用品の使用感には「しっとり」、「サラサラ」、「指どおりの良さ」などが求められています。

アクアオール #1をヘアケア製品(シャンプー、コンディショナー、トリートメントなど)に配合することで、

しっとり、まとまりのよい毛髪に仕上がります。(ヘアケア試験結果①)

また、毛髪内部の水分保持力が向上し、ブリーチ処理によるキューティクルの損傷を抑制することができます。(ヘアケア試験結果②・③)

 

【ヘアケア試験結果①】

【試験方法】

モデル処方において、各保湿剤を固形分濃度7%配合させたシャンプー・トリートメントを用い、ブラインドにて男女8名による官能評価を実施した。

2つの保湿剤について、

「同等」=1点

「どちらかというと良い」=2点

「良い」=3点

とした場合の8名の合計点を

レーダーチャートに記す。

 

 

【ヘアケア試験結果②】

【試験方法】

ブリーチ処理した人毛を20%アクアオール #1溶液に10分間浸漬し、洗浄後ドライヤーで5分間乾燥させ、人毛を走査電子顕微鏡(SEM)にて観察した。

 

 

【ヘアケア試験結果③】

【試験方法】

ブリーチ処理したダメージ毛を20%濃度のアクアオール #1溶液に24時間以上浸し、流水洗浄、乾燥後、25℃、82%RH条件下で24時間保管した。その毛髪を300mg用い、65℃、40分加熱し重量を測定した(重量A)。その後、180℃、30分加熱し重量を測定した(重量B)。

以下の式より二次蒸散水含有率(%)を求めた。

アクアオール #1をヘアケア製品に配合することで、毛髪内部まで水分をしっかりと保持し、しっとり、まとまりのよい毛髪に仕上がります。

 

 

アクアオール #2/リーヴオン化粧品

本原料の最大の特長でもある、「接着性」「膜感」を生かし、リーヴオン化粧品に配合することで、特徴ある化粧品商品設計に貢献できます。

アクアオールシリーズは水溶性の物質であり、シリーズ内でも#2は高い接着力を保有しております。これを生かした特徴あるリーヴオン化粧品の商品設計を推奨いたします。
また化学反応性の高い、アルデヒド基を構造中に保有しない為、商品配合時に配合する他原料との化学反応を発生し難く、商品の着色が発生し難い原料です。

 

【化粧水試験結果】

【試験方法】モデル処方において多価アルコールを固形分濃度10%配合した化粧水を用い、4名による官能評価を実施。

近年、化粧品本来の保湿効果や洗浄効果に加え、使用感(テクスチャー)の良さが重視されてきています。
例えば、リーヴオン化粧品として、「べたつかない」、「ぬるつかない」、「しっとりする」、「毛穴が締まる」等の使用感が好まれています。
いくら効果の高い化粧品であったとしても、べたつきが強かったり、手触りが良くなかったり、匂いが好みでない等、使用感が悪いと継続できません。
毎日使うものだからこそ、効果に併せて良い使用感を付与することが重要となってきます。

 

アクアオール #2を化粧水や乳液、美容液に配合することで、①膜感を付与し、べたつかず、さっぱりとしたテクスチャーを、

②ブレーキ感付与により、重厚感のあるリッチなテクスチャーに仕上がります。

(特許出願中 特願2020-185410)


こんな用途に使えます!

アクアオール #1は・・・

ヘアケア用品
毛髪のまとまりの良さが求められるシャンプー、コンディショナー、トリートメント用途などに

アクアオール #2は・・・

リーヴオン化粧品
・水溶性であり、高い接着力を求める、ヘアスタイリング剤などに

・膜感付与によるさっぱりしたテクスチャー、ブレーキ感付与によるリッチなテクスチャーが求められる化粧水、乳液、美容液用途などに

 

研究データは随時更新していきます!